ミンクオイル

革製品の汚れ落とし 〜家にある布や消しゴムで簡単ケア〜

毎日使う鞄や財布などの革アイテムは、大切に使っているつもりでも汚れてしまうもの。上手にメンテナンスをしながら、革の負担を減らしていきましょう。革製品を愛用し続けるために、自宅にあるもので取り組める汚れ落としの方法をご紹介します。

革の汚れ落としのキホン

革用ブラシで汚れを落とす

すぐに落とせるほこりや汚れは、革用ブラシで除去します。汚れがたまりやすい縫い目部分にも気を配りながら、やさしく掃除してあげてください。

一方で、長期間付着しているほこりや手垢などの汚れ、鞄の底の黒ずみは、ブラッシングだけでは落とすことができません。かたくしぼった濡れタオルや消しゴムで丁寧に取り除いていきましょう。

使う道具は、必ずきれいなものを。手をしっかり洗って清潔な環境を整えることも、メンテナンスの基本です。

革の汚れ落としに必要なもの

メンテナンスオイル

・布・タオル(水拭き用・乾拭き用)
・きれいな消しゴム
メンテナンスオイル

布は柔らかく清潔なものを使用しましょう。革製品を傷つけないように、綿などの天然素材のものを選んでください。

消しゴムも、新しくきれいなものを使用するよう徹底します。使いかけの消しゴムには炭や汚れが残っていることがあるため、余計に汚れてしまう原因になります。使用しないでください。

汚れ落としの手順

付着したほこりや手垢を除去するとき

1. かたく絞った濡れタオルや布で汚れをほぐす

本革の汚れをほぐす

ほこりが長期間付着している場合は、革にこびりついている可能性があります。こびりついた汚れや手垢を落とすときには、かたくしぼった濡れタオルや布を使用しましょう。付着物を水気で少しずつほぐしていくイメージで、やさしくゆっくりと拭きあげてください。

2. 風通しのよい場所で乾かす

乾かす

乾いた布で革の表面(銀面)についた余分な水気を吸いとってから、風通しのよい場所で自然乾燥させます。なかに新聞紙を入れると、型崩れを防止しながら湿気を取り除くことができます。

3. メンテナンスオイルで保湿する

メンテナンスオイルで保湿

最後にメンテナンスオイルで保湿ケアをします。少量のオイルをスポンジや布にとり、薄く広げ伸ばしましょう。水に濡れた革は油分が不足していることが多いので、水拭きと保湿はセットでおこなってください。

底面などにできた黒い汚れを除去するとき

消しゴムで汚れを落とす

新しくきれいな消しゴムでやさしくこすります。沈着してしまった汚れを落とすことはできませんが、表面についた汚れ・黒ずみは落とせる場合があります。時間がゆるせば、オイルメンテナンスも同時におこないましょう。

革の汚れとの付き合い方

汚れがついたらなるべく早くケアをして落とすのが理想ですが、必ずしもすべての汚れを完全に除去できるわけではありません。沈着してしまった汚れや染み、黒ずみは落とせないので、「目立たなくする」イメージでメンテナンスをおこないましょう。大きな汚れでなければ、ひとつの味わいと捉えることもできます。

また、汚れにくい状態を維持することも大事なケア。革製品を購入したら、オイル・クリームや防水スプレーで事前に革を保護してあげましょう。定期的な保湿も忘れずに。

いつも持ち歩く革製品は、汚れる機会も多いもの。革の変化を楽しみつつも、ダメージにも敏感になってあげたいですね。ずっと気持ちよく使い続けられるように、愛を込めてケアしてあげて。


\ この記事をシェアする /

革のお手入れ記事

メンテナンス用品

防水保護スプレー「アメダス」60ml

¥660(税込)

ラナパー社レザートリートメント

¥3,300(税込)

ミンクオイル

¥660(税込)

おすすめアイテム

マスクケース

マスクケース

¥3,080(税込)

除菌スプレーも使えて安心マスクケース。

口枠ショルダーバッグ

口枠ショルダーバッグ

¥39,600(税込)

コロンと丸くて可愛らしいフォルム。

フラップスクエアショルダーバッグM

フラップスクエアショルダーバッグ

¥36,300(税込)

男女問わず楽しめる、定番街歩きショルダー。

レザーZIPキーケース

レザーZIPキーケース

¥8,030(税込)

当店人気No.1のアイテム。鍵やスマートキーをスマートにまとめて持ち歩けます。

三角ペンケース

三角ペンケース

¥7,480(税込)

見た目以上の収納力。デスク周りをすっきりさせる定番ペンケース。

手帳カバー

フラップ手帳カバーM

¥18,480(税込)

使い込むほどに風格が増す。日々を共に積み重ねたい手帳カバー。

おすすめ記事

カテゴリ一覧