カスタマースタッフが丁寧にご対応します
TEL 0120-931-735 (平日 10:00〜18:00 / 土日祝休み)

春のある日の、散歩道。
暮らしのエッセイ|vol.1

晴れた日は、散歩にでかける。

朝、カーテンの隙間から漏れる温かい光が部屋に満ちはじめると、ああ、今日は散歩日和だ、と思う。

なにげない瞬間の光がいとおしく感じられるのは、きっと幸せなことなのだろう。

幸せを噛みしめるために、わたしは歩く。

春だから、トレンチコートを着た。

大事な用事じゃなくたって、だれかと会う日じゃなくたって、自由におしゃれをしていたい。

わたしはわたしのために、好きな服を着るし、好きな靴を履くし、好きな鞄を肩にかける。

それだけで、今日という日が特別になる。


空の青。街路樹の緑。アスファルトのシルバー。

歩いていると、たくさんの色が目に飛び込んできた。

刻一刻と変化していく色たちが、この世界を形づくっているとわかる。


そういえば昔、忙しさに追われて色が見えない時期もあった。

隣の芝生ばかりに目がいく時期もあった。

下を向いていた時期もあった。

刺激を求めて、うろうろしている時期もあった。

今だって、ちょっとはうろうろする。

けれども最近、わかってきたことがある。

ほんとうに大切なものって、意外と少ない。

あの人の顔を思い浮かべる。あの風景を思い浮かべる。あの味を思い浮かべる。

あの頃の気持ちを思い出す。

大切なものを大切にする。

こんなシンプルなことですら、人はときどき忘れてしまう。

だからたまには、ゆっくり歩く。ふと立ち止まって、考える。

大切なものは、なんだろう?


帰り道、花屋を見つけた。みずみずしい香りに背筋が伸びる。

黄色にピンク、むらさき色。

あざやかな自然の色が、心をやさしく撫でていった。

花はいつも、そっと寄り添ってくれる。なにも言わずに、ただそっと。

ただそこにあるだけで、部屋が、暮らしが、人生が、パッと明るくなる。

しかも、なんでもない道端に咲いていたり、ワンコインで手に入ったりするのだ。

わたしたちは、そんな世界に生きている。


スウィートピーにガーベラ、かすみ草を買った。

「ありがとう。これ、つけとくよ」

お花屋のおじさんが、1本おまけしてくれた。


家に帰ろう。窓辺に花を飾ろう。

靴と鞄をきれいに磨こう。

わたしの世界を彩って、明日も元気に生きるのだ。

登場した商品


文:奥村まほ / 写真:CHIHIRO URABE


\ この記事をシェアする /

おすすめ記事

カテゴリ一覧